読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トマッティー!

ただのトマトです。美容、健康、お金…など役立つ情報をお届けします。

世界初!加齢に伴う病気の原因の解明に成功


レスベラトロールやカロリー制限では力不足?長寿遺伝子サーチュインと加齢ストレス関係が明らかに 美容最新ニュース

 

東京医科歯科大学の研究グループと、ハーバード大学マサチューセッツ総合病院は、世界で初めて認知症や糖尿病といった、加齢が原因による病気のしくみを解明することに成功しました。

老化に伴う病気は、長寿遺伝子(SIRT 1)の働きが悪くなることが原因と判明しました。

食事の量を減らしたり、SIRT 1の量を増やすことで老化を遅らせるという対策が試されていますが、このSIRT 1がS-ニトロソ化し不活性化した場合は、SIRT 1の量を増やす方法や薬では効果が無いという結果が出ています。

SIRT1 の S-ニトロソ化の阻害が、今後加齢に伴う病気の新規治療薬や治療方法となる可能性が高いです。

引用元 http://www.tmd.ac.jp/archive-tmdu/kouhou/20141112.pdf

 


お茶の水クリニック森下敬一博士・月刊「森下自然医学」48年の実績 、糖尿病と認知症 - YouTube

 

意外にも、加齢に伴う病気の原因って解明されてなかったんですね…。 

 

老化はなぜ進むのか―遺伝子レベルで解明された巧妙なメカニズム (ブルーバックス)
 

 

 

「脳の栄養不足」が老化を早める! (青春新書INTELLIGENCE)

「脳の栄養不足」が老化を早める! (青春新書INTELLIGENCE)

 

 

広告を非表示にする