読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

トマッティー!

ただのトマトです。美容、健康、お金…など役立つ情報をお届けします。

シャンプーの成分としてつかわれているシリコンには、よいシリコンと悪いシリコンがある!

シリコンって、なんでだめなの?シャンプーの成分、基本のき | 美容ブログ [女性の美学]

 

 

シャンプーのシリコンは、肌と髪を覆うもので、なめらかになる一方、他のうるおい成分が神に入って行かなくなり、蓄積されていく恐れがあります。
良いシリコンとは水溶性のシリコンで頭皮や肌に蓄積せずに、髪をコーティングし、悪いシリコンは髪にこびりつき、毛穴を詰まらせる水溶性でないシリコンです。
悪いシリコンは、ディープクレンジングシャンプーなどで落とすこともできますが、トリートメントケアが必要となり、これにもシリコンが入っていることがあるので、最初からよいシリコンを応急承知的に使うのが、賢い使い方でしょう。

 

 

 

シリコンシャンプーのことは名前だけは聞いてはいましたが、実を言うとよく知りませんでした。あまり使わないほうがよさそうだと思いました。

 

広告を非表示にする